歯科診療

なぜ動物の歯の検診や治療が大事なの?
新宿区・豊島区エリアの動物病院 もとい動物病院の画像  最近増えている犬や猫の歯周病。『口臭が気になる』という問題だけでなく、これはひとつの立派な細菌感染の病気です。
お口が不快なのはもちろん、ほかの臓器にも悪い影響を及ぼします。
さらに、3歳以上の犬猫の約8割が歯周病にかかっている可能性があるというデータもでています。
人と違って虫歯にはなりにくいけれど、歯周病にはなりやすいのです。人の5倍以上の速さで歯石が作られてしまう口内環境であることもその理由です。
新宿区・豊島区エリアの動物病院 もとい動物病院の画像 歯周病がすすめば、歯を支える骨がとけてしまったり、鼻や頬から膿や血が出てしまうほど悪化することもあるのです。
歯の検診を受け、歯石をとる処置や歯周病の治療を受けることは、動物たちの健康を保つ上でとても重要なのです。
普段見ているようで、なかなかキチンと見られないお口の中。お口が臭うけど毎日だから慣れてしまっていませんか?
一度、病院でお口の検診を受けてみては如何でしょう。

動物専用の歯科レントゲン・デンタルユニットを完備
- 動物用歯科レントゲン(デンタルX線撮影装置 60kVデンタルシリーズ) -
新宿区・豊島区エリアの動物病院 もとい動物病院の画像 歯に汚れがついてもそれは歯をきれいにすればよいことです。
その段階では、まだ、病気ではないからです。病気として重要になってくるのは、じつは、外からでは見えない歯肉の下や歯を支える骨(歯槽骨)なのです。
それらの部分は、レントゲンなくしては診ることができません。
歯には、それほど歯石がついていなかったけれど、レントゲンで評価したらほとんど歯の根っこや歯槽骨がひどい細菌感染でとけ始めていたという例もあります。
歯科レントゲンは、全身麻酔がかかった状態で撮りますので、歯の処置や治療をすることが前提で行います。

- デンタルユニット(Airvets DC51) -
新宿区・豊島区エリアの動物病院 もとい動物病院の画像 飼い主様もご自身で歯科クリニックにかかられたことがあると思います。処置台のすぐ横にあって歯医者さんが、治療に使う装置がデンタルユニットです。当院では、それと同様のもので動物たちの歯科治療を行います。
全ての歯科治療に対応できます。超音波スケーラー、エアタービン、マイクロエンジン、吸引の機能を搭載し、歯科治療を効率よく進めることができます。麻酔時間をなるべく短くすることができます。

Copyright(c) 2015 新宿区・豊島区エリアの動物病院 もとい動物病院 All Rights Reserved.